銀行から資金を借り入れるメリット

金利が低いため、起業時の負担を抑えることができます。審査が厳しい反面、融資実行によって、対外的な信頼や信用につながります。大手銀行の場合、支店も多く、利便性があります。信用金庫を利用するには、まずは出資して会員となる必要があります。また、解約の手続きなどにも時間がかかります。

営業エリアが決まっているため、都市銀行のような利便性はありません。手続きなども、基本的に窓口にて行う必要があります。県や市などの地方自治体、信用保証協会、金融機関の3者が協力して行う融資であり、自治体の斡旋を受けていることから、比較的審査が通りやすいと言われています。

銀行でも信用金庫でも、はじめての取引をする相手であれば、基本的に「信用保証協会」という信用保証機関の保証がないと融資はしてくれません。信用保証協会は一般社団法人が運営しており、全国51(47都道府県と4市)の信用保証協会があります。銀行 借入 メリット

銀行で当座貸越を契約しておけば、普通預金残高が一時的にゼロになった場合も借金をせずに済むため、個人だけでなく事業主としても利用している方は一定数います。

企業に対して貸し出しを行う際には、金融機関において必ず審査が行われます。これは公的な機関においても民間の期間においても同様です。しかし、審査の厳しさについてはこの両者では大きな違いがあります。

特に銀行の場合は民間の金融機関であり、尚且つ預金者のお金を貸出資金にしているわけですから、貸し倒れに対しては非常に敏感です。