事後報告で親戚のおじさんが亡くなっていた。

先日、1月26日に親戚のおじさんが亡くなっていた。
全然知らなかった。
先ほど、兄貴から電話があって既に葬式はすませたそうで。
そして今は、あるお寺に遺骨を置いてあるらしい。
今日は、午後からはお寺に行こうと思う。
突然の知らせで、本当に驚いた!
うちの親父も去年の4月の末に亡くなって、本当に寂しいな。
一昨年に、父親が入院しているときに親戚のおじさんがお見舞いに来てくれたことがあったけど、
すごく瘦せてしまっていて驚いた。
けど、食事もしっかりと食べていて、健康状態は何も問題ないようだった。
うちの親父が亡くなった分、親戚のおじさんには、親父の分もまで長生きしてほしかったな。
健康的に暮らして、もっともっと長生きしてほしいと思った。
でも人の死は、命の終わりではない。
また新しい命の誕生するとも言われている。
完全に命が亡くなるわけでない。
また新たに生まれる変わる事ができるとも言われている。
そう思うと、またどこかで会えるような気がする。